腰痛

多くの人が一度は訴える症状です。その割合は全人口の6割~8割ともいわれています。構造的に腰椎や骨盤、股関節は動きの自由度が高く、その分、筋肉や関節には大きな負担がかかります。そのため腰の障害には、慢性的な腰痛からぎっくり腰、しびれを伴うものなど色々なタイプがあります。

種類と原因

慢性腰痛
骨盤の歪みによるバランスの崩れ、股関節の筋肉の固さや柔軟性の低下によって腰部骨盤にかかるストレスをうまく分散できなくなることにより生じます。ぎっくり腰や外傷性の腰痛をきっかけに慢性に移行することもありますが、長時間のデスクワークや不良姿勢など生活習慣によって引き起こされることが多く、生活習慣病と位置付けることもできるでしょう。入浴や運動で血行が良くなると症状が軽減します。

ぎっくり腰(急性腰痛)
重いものを持ち上げようとしたり、姿勢を変えようとした時に不意に起こる激しい腰の痛みをぎっくり腰(急性腰痛)と言います。くしゃみや床に落ちている物を拾おうとして起こる事もあります、筋肉や関節などが損傷して、炎症を起こしています。入浴や運動で血行が良くなると炎症が強くなり痛みが悪化します。

椎間関節症候群
脊柱の後面にある椎間関節にストレスがかかり、様々な症状を引き起こすことを椎間関節症候群と言います。この障害は腰を反らせると、関節が圧迫を受け痛みを引き起こします。女性が高いヒールの靴を履いた時に腰の痛みを訴えることがありますが、椎間関節に負担がかかっているケースが多いようです。

椎間板ヘルニア
背骨の椎体間にあるクッションを椎間板といいます。何らかの力学的ストレスがかかり脹れたり、中の髄核が飛び出した状態を椎間板ヘルニアと言います。腰部の椎間板にヘルニアが起こると腰痛や坐骨神経痛を伴うことがあります。しかし、激しい腰痛や足のしびれがあってもヘルニアを確認できなかったり、腰に痛みが全く無くてもヘルニアが確認できることもあり、ヘルニア=腰の痛みとは限りません。

腰椎分離・すべり症
脊椎分離症は、激しい運動をしている成長期の子供によくみられます。激しい運動により脊柱、特に下部腰椎に多くの負担がかかった結果、疲労骨折を起こし椎体の後面にある椎弓板が椎体と離れてしまった状態です。
すべり症は椎体の支持性が弱まり、前方に変位している状態をいいます。分離症と併発するケースが多いです。

脊柱管狭窄症
脊柱管狭窄症は、脊髄の通り道である脊柱管が何らかの原因で狭くなり、中を通る脊髄が圧迫されて足腰に痛みやしびれを引き起こします。また、歩行時に下肢痛が酷くなって歩けなくなり、休むと回復するということを繰り返す、間欠性跛行がみられることも特徴です。

他にもこんな症状の方が来院されます。